チェサピーク海岸

シーズン1各エピソード
はじめの5分に出てくる英語フレーズです。

Episode 1

アビー: What's going on?

どうしたの?
何があったの?

似たようなフレーズ:
What's going on here?

いろんな場面で、とにかく、 よく出てくるフレーズです。

この場面では、 大きな荷物を持って 出かけようとしている 母親に対して「What's going on?」

Episode 2

お父さん: For what?

なんのために?

関連フレーズ:
What's this for?
これは、なんのためのもの?
これは、なんのために、あるの?

子どもたちが中国語を 学んでいるという話題で、 「一番役立つ外国語なのよ」 というアビーに対して、 父親(ミック)が、 「For what? World domination?」

「なんのために(役立つの)? 世界征服?」

この場面では、 「Useful for what?」と 言うこともできます。

Episode 3

アビー: Just for the summer.

夏の間だけね。

関連フレーズ:
The store is open just for the summer.
そのお店は、夏の間だけ開いている。

A: How long are you here for?
(How long are you staying?)
どのくらいの期間、ここにいるの?

B: Just for the summer.
夏の間だけ、いるよ。

そのほかフレーズ:
Just for the weekend.
週末だけ。

この場面では、 「実家に戻ってくるって聞いたよ」 と言うケヴィンに対して、 「No, just for the summer.」 と応えるアビー。

Episode 4

アビー: I need your word.

直訳:あなたの言葉が必要。

約束してほしいの。

関連フレーズ:
You have my word.
約束するよ。

He's a man of his word.
彼は約束を守るような男だ。

I'm a man of my word.
自分は、約束を守る男だ。
約束は、ちゃんと守るよ。

この場面では、 来週の週末に、子どもたちを 連れて帰ってくることに対して 「I need your word.」とアビーが言っています。

Episode 5

アビー: Let me think about that.

それについては、ちょっと考えさせて。

似たようなフレーズ:
Let me think about it.

この場面では、 「この箱(仕事の書類)、 家に置くの?それともオフィス?」 という、おばあちゃんの質問に対して、

「Let me think about that.」 と応えるアビー。

Episode 6

アビー: Thank you for coming with me.

一緒に来てくれて、ありがとう。

関連フレーズ:
Thank you for coming.
来てくれて、ありがとう。

Thank you for taking the time.
Thank you for your time.
時間を取ってくれて、ありがとう。
時間を作ってくれて、ありがとう。

Thank you for calling.
電話してくれて、ありがとう。

この場面では、お父さんに
「Thank you for coming with me.」

Episode 7

トレイス: Need a hand?

直訳:手が必要?

手を貸そうか?
手伝おうか?

似たようなフレーズ:
Need any help?

この場面では、 荷物を持っている母親に対して 「Need a hand?」

Episode 8

デイビッド: Which do you prefer, A or B?

AとBだと、どっちが好き?
AとBだと、好むのは、どっち?

似たようなフレーズ:
Which do you like better, A or B?

この場面では、 「本も読むし、文章も書く」 と言うブリーに対して

「Which do you prefer, reading or writing?」

Episode 9

アビー: I'm good.

何かを断るときに 使えるフレーズです。

個人的には、 何かを断るときには、 「No, I'm good.」よく使います。

例文1:
A: I'm gonna go to the store.
Do you want anything?
お店に行ってくるけど、
何か欲しいものある?

B: No, I'm good. Thanks.
いや、いらない。ありがとう。

例文2:
A: Do you want anything to drink?
何か飲む?

B: No, I'm good. Thanks.
いや、いらない。ありがとう。

この場面では、 召喚状を届けにきた彼が、 アビーに、バラを渡そうとするが、 「I'm good. Thanks.」 と応えるアビー。

Episode 10

トレイス: I'll be right back.

すぐ戻るよ。
(ちょっと行ってくるね)

例文:
I'm gonna go to the store.
I'll be right back.

お店に行ってくる。
すぐ戻るよ。

この場面では、 子供部屋を塗装するために ペイント・ブラシが必要だと言うアビーに対して、 「ちょっと取ってくるね。すぐ戻るよ」 というようなニュアンスです。